更新 4月8日

東京マンション不動産

今まで都内の賃貸には何件か住んだことがあるのですが、どれもみんなアパートでマンションなんて家賃が高すぎてとてもじゃないですが住めませんでした。近隣にもマンションはとてもたくさんあったのですが、だいたいファミリー層が主の間取りの様で、一人暮らし様の1DK等のマンションは少ないように感じました。専門学校の多さはやはり都内が一番多いでしょう。いろんな分野の専門学校がありますから、通うならやはり都内がいいというような憧れもある人も多いと思います。学校とは言っても分散されている大学などと違って、専門学校は都内に多いのが現実です。地方から通うのも都内から1時間の距離ならば可能ですが2時間ともなると結構な距離です。専門学校も毎日通うのが基本となりますので、となると、やはり選択肢として都内に住むことになってきます。今東京の専門学校に通っているのですが、毎日通うことができません。都内にマンションを借りて一人暮らしをすれば毎日通学することが可能になってくるのですが、マンションは都内だと家賃が高いので郊外になってしまいそうです。
最近では、専門学校側でマンションやアパートを用意しているところが多いそうです。寮とは違うのですが、男女別のアパートやマンションなのでとても安心です。東京のマンションでも条件によっては安くなりそうなのですが、あまりにも駅から遠かったりすることもあったりするので安いというのはいくら家賃が通常よりも安くなっていても借りることをなぜか躊躇してしまうのです。
専門学校には毎日通学をしないと卒業することができない状況なのでマンションを借りて一人暮らしをして毎日通学をするということが今求められることなのですが、アルバイトなどもしないといけなくなってくるのです。
専門学校は終日なのでアルバイトというのはきついのですが、今までは住んでいる場所が田舎だったのでアルバイトの求人数もなかったのですが、都会にやってくればそれなりにアルバイトもできるようなので都会に行きたいです。アルバイトの種類も都内では単発での仕事というのが多いので、体力と気力さえあればどんなアルバイトでもやっていけるかと思います。しかし、都内ですので危ないアルバイトも中にはあります。

東京の不動産賃貸価格が安い地域もある

東京で憧れのひとり暮らしが始まると仮定して、学生の頃にタイムスリップしつつ物件情報サイトをながめてみました。まずお値打ち物件が断トツで多いのは足立区、世田谷区のようです。つぎに沿線でさがしますとJR中央・総武線やメトロ東西線に5万円以下の賃貸物件が集まっているように思います。
私は足立区に住んでいますが、埼玉に近いせいか他の23区に比べると断然賃貸価格は安いと思います。私が今住んでいるアパートは駅徒歩6分、東京駅まで25分、スーパー2分小学校・中学校2分ですが3DKで7万5千円です。築年数は約30年なので外観はイマイチですが、内装はとても綺麗ですしペットも飼って良いというサイコーの物件です。我が家は掘り出し物件といえるかもしれませんが、やはり埼玉に近いというだけで、こんなにも便利なのに安くなってしまうんですね。土地が日本一高額なのは銀座であることはよく知られています。東京一極集中は衰えるばかりか加速しているのが現状で、今後も東京の地価が劇的に下がることはないでしょう。それ故に、東京の不動産賃貸の価格も決して安くはありません。しかし、東京全域が高いという訳ではなく、都下にゆけば自然広がる土地が多く、都心に比べると驚くほど安価な物件が多くなります。もちろん23区内でも住宅街であれば、賃貸価格も都心と比べて低く抑えられ、他の都市と比べても異常なほどに高価だという訳ではありません。

710

東京 一戸建て 不動産情報

景気低迷で増税もささやかれるなか新築の一戸建て物件など都内にほとんど存在しないだろうと思いましたが住宅情報サイトには1万件を超える都内の新築一戸建て物件が掲載されていました。三ノ輪の駅から徒歩6分2LDKで4480万円。相場でしょうか、高いか安いかはよくわかりません。上野駅徒歩12分こちらは松が谷という寺院の多い街です。3LDKで4680万円。三ノ輪や東上野などは東京でも都心部に近く住みやすいほうかもしれません。これが押上や曳舟、鐘ヶ淵になりますと同じような間取りで800万円くらい下になりまして文京区千駄木の駅5分と最高のロケーションになりますと7000万円・8000万円に跳ね上がるようです。どんな方が購入されるのか見てみたいですね。

東京は住宅として人気の地域です。しかし、東京にもさまざまな地域があり、さまざまな特色のある区に分かれているので、色々です。例えば世田谷と足立区では、状況も値段もまったく違います。もし単純にお金があれば、世田谷を購入対象地域にすると思いますが、あまり購入資金がなく、広い家に住みたいときは、足立区を選択する人が多いと思います。東京23区内における戸建住宅は、他府県と比較して、あるいは同じ都下でも市部や西多摩郡と比較して、土地面積が狭い戸建が多く存在するという特徴がある。法律もあり、建ぺい率を大幅に変えることはできないため、必然的に敷地面積も小さくならざるを得ない。
ゆえに東京23区の戸建住宅には、小さい敷地面積でも延床面積を確保するための工夫を盛り込んだ、いわゆる狭小住宅が多い。歴史的にも東京都出身の増沢洵(当時26)が1951年、23区内に自邸「最小限住居」を設計したのをもって狭小住宅の嚆矢とする。
一方、かつては武家屋敷であった千代田区番町、紀尾井町や港区赤坂、麻布などの山の手に昔から存在する戸建は、うってかわって豪邸が多い。大正時代末期あたりから分譲されだした田園調布なども豪邸が多い。これらは東京23区の中でも高級住宅街として知られる町である。芸能人の多くもこうした高級住宅街に住んでいるとよく耳にします。こうした高級住宅地では、敷地面積の最少平米数が決まっているところもあります。また、街に入ることもできないようになっていることもあります。東京ではありませんが、神奈川県逗子市の海を臨む山の中腹にある住宅地は、車で入る街の入り口が一つしかなく、そこにはセキュリティーが設けられており、ガードマンが立っていたりします。
日本全体の人口が減少傾向にある中、東京都の人口はいまだ増加しつつある。従来のような一戸あたり一家族だけが住む戸建だけでなく、シェアハウスのように血縁関係にない者同士が同居する戸建も増えており、今後東京23区の戸建のあり方が現在と大きく様変わりする可能性を含んでいる。一時期は都心から住む人が消え、広い土地に庭付き一戸建ての家を求め住む人が移動した時期もあった。いわゆるドーナッツ現象である。都心で小さく暮らすのではなく、郊外でのびのびと暮らしたいとの希望からである。一方、やはり利便性の高い都心を好む人は、狭い土地を分譲し、ペンシル型の家に住むようになった。快適に住まうということは人それぞれなのだとつくづく思います。また、それが住宅を購入する際にはもっとも大事なことだと言えます。いくら人が素晴らしいところだ、家だと言っても、その人本人にとってメリットや、その人の価値観に合わなければ何にもならないからです。

東京で、賃貸ではなく住宅を所有したいという人はやはりファミリー層に多いですが、マンションではなく一戸建てにこだわるとなるとやはり妥協する面も多く出てくるでしょう。 例えば、駅からは多少距離がある、隣の住居との間隔が狭い、庭や駐車場が狭い、或いはそのスペースが確保出来ない等があげられます。お金に充分余裕があればこれらのことも妥協せずに選べますが、 決まった予算の中で全てを叶えるのは難しいでしょう。ただせっかくの一戸建てなので、自分のこだわりも叶えたい楽しみもありますね。 東京で一戸建てを建てるにあたっては、どうしてもこだわりたい優先順位を明白にし、郊外に家を建てるよりは妥協点も多くなることも覚悟しておかなければいけません。

Copyright © All rights reserved.東京マンション不動産.