更新 4月8日

東京のマンション生活

近頃、高齢者のマンション暮らしというライフスタイルが多く見られるようになってきました。その背景には地下からスーパーまで直結した道があるなど都内のコンパクトな立地を活かしたマンションが多くなってきたからです。繁華街や観光に出かける距離も近いので第2の人生を歩む高齢者にとっては良い立地環境かもしれません。東京は、人も多い場所、職業や国の違う人など。もちろんマンションもその数多くあります。人気な土地にはそれに、比例しマンションは多く存在し、また、高層マンションもその土地の属性により、多く建つ場所もあります。
東京のマンションは、やはり東京は日本の中心であり、おしゃれな人も多いせいか、デザイン性のとてもあるデザイナーズマンションも地方に比べて、多くあります。それだけ、東京に住む人からの需要が多いことが分かります。
人気がある土地や、交通手段により、マンションの価格はもちろん違いますが、その価格の幅というものも、東京ならでは。誰もが知るような有名な場所では同じ東京であり、手が出せないほどに高価なマンションもあります。
せっかく東京に住んでいるのであれば、東京のマンションも楽しむべき。お気に入りのマンションに住めば、日々のモチベーションアップにも繋がるはずです。個性豊かな東京で、またマンションでも個性を楽しみたいです。

東京の戸建分譲は相続した土地が増加しています。

最近よく分譲戸建てののぼりが立っている一角を覗くと、いわゆるペンシルハウス的な家が並んでいることが多いです。そこには何があっただろうと、何か月前なのになかなか記憶が思い出せないことがありますが、思い出してみると、長い間稼働していなかった工場跡地であったりすることがあります。きっと、何年も前に工場を閉鎖したものの、住居と一体化した土地だったので、相続までそのままにしておいたケースなどみたいです。そうした東京の戸建分譲は相続した土地を相続税の支払いのために売却したものが増加しています。例えば、都内で5百坪の土地を相続したとするとそれなりの相続税を納付することになります。しかし、預金などを相続しなければ納付できません。
そこで、相続した土地を売却することになります。東京都内でも場所によりますが、例えば5百坪の土地を宅建業者に売却すると、それを50坪程度に区分けして、8、9棟程度の戸建を分譲します。私道なども作ることになります。
5百坪をそのまま居宅として購入できる人は限られますので、一般的には業者に売却して細かく区分して戸建として分譲することになります。場合によってはマンションを建築して賃貸したり、分譲したりすることもあります。
都内の人気のある場所では土地の出物が少なく、相続で手放さなくてはならなくなった土地は宅建業者にとっては格好の物件ということになります。分譲しても売れ残りのリスクは少なく利益率も高くなりますので、相続物件はすぐに売れます。このように東京で多いな土地を分割して、新しい戸建分譲の土地にすると、光や接道等の関係で、ペンシルハウスになる傾向にあります。50㎡や小さい時には50㎡ないところに、いまどきにペンシルハウスが立ち並んでいます。それだけの敷地面積しかなくても、都内だと5千万以上したりするのでびっくりします。それでも中身を覗いてみると、3LDKが確保されていたりするので、両親と子供二人という家族形態の人には安心して購入対象となるらしいです。中を覗いてみると1階に、風呂トイレと1室またはサービスルームと呼ばれるもの。2階には、オープンキッチンとリビング、3階に2室設けるタイプが多いです。何件が回ってみたことがありますが、たいていはこの構図です。敷地面積は少なくても、天井を高くとっていたりするので、素敵な物件だなぁ~と思うし、実際生活することを考えるといいかもしれないと思ってしまいます。しかし、家に帰って、自分の荷物の量を考えると、ペンシルハウスには収納がないことに気が付きます。最低限の間取りを確保はしていますが、その各部屋に十分もしくは、最低限の収納があるかといえば、ないのが実情です。一応収納はついていますが、全く間に合わないなというものです。

東京の不動産賃貸を探そう

東京の不動産賃貸というと、とてもきれいな物件なども多くありますので、おしゃれな若者などからとても人気があるようです。これから東京の不動産賃貸を探すというかたもきれいな物件などを選ぶこともおすすめです。東京の不動産賃貸の物件などは、きれいな物件などもたくさんありますので、これから探しているという方にもおすすめです。みなさんも、これから、きれいな東京の不動産賃貸などを探して住んでみてはいかがでしょうか。
私が東京に住み始めたのは今から6年前です。神奈川出身の私は何度も遊びに来たことはあったものの住むのは初めてで、池袋や渋谷などのいわゆる繁華街以外はまったく右も左もわかりませんでした。そんな東京に住むことになり、いざ物件を探そうにも土地勘のない私にはどの当たりが良いのかということも分からず、東京の友人にほぼ任せきりだったことを思い出します。それから半年程でまた引越しをすることになったのですが、今度は会社の建物内にある寮だったので不安もありませんでした。

Copyright © All rights reserved.東京マンション不動産.