日本の四季

日本は今7月。梅雨が明け、ビールが美味しい季節です。私達の住む日本は、『春夏秋冬』の四季の変化が美しく、季節ごとにいろいろな顔を見せてくれます。 日本の美しさは、四季の移り変わりと、それぞれの季節特有の表情に極まります。 春 冬の寒さが和らぐことによって、春になると一般に生物の活動が活発になる。また、豪雪地帯での雪解け水は貴重な水資源であり、日本においては田植えと密接な関連がある。その一方で地域によっては雪崩や融雪洪水をもたらす場合もある。この他、発達した低気圧が太平洋側を通り且つ気温が低い(地上の気温が0℃未満の場合、地上の気温が0℃以上であっても上空1500mで-6℃未満または上空5500mで-30℃未満の場合)と太平洋側に大雪(春の大雪)をもたらし、日本海側を通ると春一番と呼ばれる南風が吹くことでも知られている。 日本においては特に桜の開花が文化と密接な関わりをもち、桜の開花宣言が地域ごとに出され、桜前線が北上する。 夏 熱帯地方を除けば、夏は1年で最も暑い時期を指すものである。気象庁では最高気温が25℃以上の日を夏日(なつび)、30℃以上の日を真夏日(まなつび)と呼んでいる。 日本の夏は降水量も多いので植物の葉が繁る時期でもあり、動物の活動も盛んである。あまりに暑さが激しい場合は生物の活動も低調になる。種によっては夏眠をとるものもある。 秋 日本では夏の暑さがやわらぎ過ごしやすい季節。日中は暑いが、朝晩に肌寒さを覚えたり、吹いてくる風に爽やかさを感じたりする。夏の?は次第に鳴りをひそめ、赤とんぼの群れや、虫の声が耳にとまるようになる。夏休みが終わって新学期が始まり、運動会や文化祭があったりする。稲が黄金に色付き、栗、梨、葡萄などとりどりの果実が店頭を飾る。台風がしばしば日本を襲い、秋雨が永く続くこともあるが、晴れた空は高く澄み渡り俗に天高く馬肥ゆる秋ともいわれる。夜が長くなり、月や星を賞でたり、読書や夜なべにいそしんだりする。朝寒夜寒が段々とつのって、昼夜の温度差が大きくなり、野の草には露が置き、木々は紅葉してくる。色付いた葉が散りはじめると、重ね着が増え、暖房が入り、秋も終わりに近づく。 秋は春と肩を並べるにぎやかな季節である。様々な花が咲き、果実が生じる。これは夏ほど熱くない、好適な気温の季節であること、それに冬を迎えるために多年生の生物は冬を越す準備を、そうでないものは往々にして生活史の終結を迎えなければならないためである。 冬 冬は年の終わりの時期(年末)で、一年間の終盤である。北半球においての農業では、春から秋にかけて生産が行われ、冬は翌年の生産への準備に当たるからであろう。その年を締めくくったり一年間を振り返るための行事が多い。冬になると山の動物は冬ごもりし、大地からは緑が消えます。新しい生命の始まりとなる春までの充電期間となる季節です。                             ◆変化に富んだ日本の四季◆ 日本とイギリスは、ユーラシア大陸の東側と西側に位置する周囲を海に囲まれた中緯度の島国です。 日本は四季折々の変化に富んでおり、地域差も非常に大きいのに比べ、イギリスの季節変化は小さく、地域差も小さいことが知られています。 日本の気候が変化に富み地域差が大きいのは、東は太平洋,西は日本海を挟んでアジア大陸が存在しており、脊梁山脈が日本列島を太平洋側と日本海側に2分していることや、北西季節風,温帯低気圧,梅雨前線,台風,秋雨前線など、季節特有の現象のためと考えられています。 季節変化も地域差も小さいイギリスとの違いは、ユーラシア大陸の東側に位置するか西側に位置するかと、日本には脊梁山脈があることだけです。地球スケールの空気の動きが、西から東に向かっていることと深くかかわり、このような違いが生じるのです。

Copyright © 2010. All rights reserved. 日本の料理と日本の四季.